ベンチャー認定企業

TOP  >  岐阜大学発ベンチャー認定企業一覧

6件中 1~6件表示中

  • 006
  • 株式会社ゼノバイオティック
2020年設立
株式会社ゼノバイオティック
岐阜大学地域科学部の成果にもとづいて、化合物の毒性試験結果が予測できるソフトウェア xenoBiotic を開発しています。xenoBioticを社会実装して毒性試験の不通過が原因のムダを削減し、化学メーカーのSDGsに貢献します。
  • 005
  • 株式会社 e-NA Biotec
2018年設立
株式会社 e-NA Biotec
株式会社e-NA Biotecは、代表取締役・北出幸夫が岐阜大学在職中に得た成果を基に、世界初のマイクロRNA医薬の上市を目指して設立された。最近特許が成立したmiRNA-143は、がん促進遺伝子KRASネットワークを標的とする革新的な医薬候補である。
  • 004
  • 株式会社GF Mille
2019年設立
岐阜大で生まれた核酸化学や糖鎖化学の技術、ならびに特許やノウハウを継承して、医薬品候補の開発へ結びつける。種々のオリゴ核酸へ化学修飾ヌクレオチドを導入して、効果を高める受注事業を行うと共に、自家開発品については前臨床試験を行い、製薬会社へ製造販売ライセンスを提供することにより、新規医薬品の開拓を行う。
  • 003
  • GRC株式会社
2019年設立
岐阜大学放射線科での知的財産を用いた放射線機器に関する製品開発や薬剤開発、また、放射線診療に関する技術指導・コンサルティング事業、画像診断を通じた人材育成や遠隔画像診断およびその情報提供など
  • 002
  • 株式会社Lukos
2018年設立
株式会社Lukos
我々Lukos(ルコス)は、岐阜県をはじめとした東海地方にある製造業の抱える課題を、IT・AI技術の側面から解決に導くシステム・サービスを研究・開発・提供することをすることを主の事業目的として活動しています。
  • 001
  • 株式会社フォトニック・エッジ
2019年設立
岐阜大学で開発されたEO素子(電界を受けると屈折率変化を起こす素子)を光ファイバ先端部に設置し、ファイバープローブを操作することにより電界を可視化する技術の社会実装に取り組んでいる。岐阜大学が開発した技術は、従来技術ハードル(課題)を解決し、且つ従来の計測手法よりも高精度であり高周波帯域(1GHz〜1THz)の計測を可能とし、さらには簡便、低コストに計測実現する革新的・実用的技術である。